胃腸いたわりランチ♪里芋の胡麻煮レシピ

忙しいママの救世主、comaki先生』、1月のワンプレートレシピテーマは

「胃腸いたわりランチ」です。

年末年始の暴飲暴食や、冬休みの気疲れで、胃腸の調子がいまいち・・・という方におすすめの、お手軽ランチ♪
前回は、>>>「洋風茶碗蒸し」でした♪
今回は・・・「里芋の胡麻煮」です。

 

里芋の胡麻煮

調理時間/40分

分量/4人分

エネルギー/108kcal(1人分)

塩分 / 0.8g(1人分)

【材料】

  • 里芋 12個(皮付き400g)
  • 出し汁 1と1/2カップ
  • 白味噌 大さじ1
  • 砂糖 小さじ2
  • 醤油 小さじ1と½
  • すりごま 大さじ3(25g)

作り方】

  1. 里芋の下処理をする。
  2. 里芋は泥をしっかり洗い落とし、里芋がかぶる程度の塩水で水から10分程度茹でる。
  3. 里芋がやわらかくなったらザルにあげ、水にさらし、皮をむく。
  4. 鍋に出し汁、白味噌、砂糖、醤油、里芋を入れ、15~20分程度煮る。
  5. 里芋がやわらかくなったらすりごまを加え、ひと混ぜする。

★ワンポイント アドバイス

里芋はの皮をむいた時のヌルヌル・ネバネバを

洗い落としてしまいがちですが、このヌルヌル・ネバネバに免疫力をUPさせる力や、胃や腸の粘膜を健康に保つ効果があるんですよ~!

冷凍の里芋も使い勝手は良いですが、せっかくの旬の食べ物、ぜひ生芋からチャレンジしてみてください♪

次回は>>>冬野菜のマスタードサラダです。お楽しみに〜!

 

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。