2020年からの教育改革、個別教室のトライで先取り対策

2020年、教育改革、何が変わる?

 

2020年から始まる教育改革。
ママ世代が受けていた教育とはガラリと変わる!ということを知っていますか?

「バッチリ予習しています!」
という、情報ツウのママもいれば、

「まったくわからない」

という、ママもいるかもしれませんね。

ひとつ言えることは

「私たちが受けてきた教育とは、ガラリと変わる」

ということ。
まさにこれから、今の子どもたちが「教育改革」の第一歩を踏み出すことになるのです。

 

英語の必修化とプログラミング教育のスタート!

では、何が具体的に変わるのでしょう?
まず、「英語の必修化」があげられます。

現在、小学校高学年で英語の授業を取り入れている学校もありますが、これが、小学校3年生から、「必修化」されます。

また、新しく始まる「プログラミング教育」

これは、小学校の段階で「論理的思考力や創造性」を身に着けようというもの。
IT機器を使っての授業になります。

これまでの小学校教育では、

「先生から教えられた内容を覚え、習得する力」が求められていました。

いわば、受け身の授業といえるもの。

このスタイルが

「今与えられた課題に対して、どう解決するかを導く力」

を追求していくスタイルへと転換されます。

ただ、スタート期ということもあり、学校の授業でどれだけこの力が身につくか、未知数。つまり、なるべく早い時期から、できるだけ

「学校外の場所で先取りをしておく」

ことが、教育改革に柔軟性を持って取り組んでいくポイントになります。

 

「どう対策したらいいの?」お母さんの不安に個別に対応

 

このような「英語」や、プログラミング教育による「論理的思考」を家で教えるということに不安を感じるママに朗報!

個別教室のトライでは、お子さんおひとりおひとりの性格や進み具合に合わせた、

「対話式のマンツーマン」

を取っています。

「どのように生徒さんがその問題を考え、答えを導き出すか」

というプロセスを大事にし、

  • 今時点で、学校の授業についていけるようにしたい
  • テストの点を平均以上とっておきたい
  • 子どもに合った適切な学習習慣を用意したい
  • 英語やプログラミング教育を先取りしておきたい

など、個別教室のトライだからできる、それぞれのお子さんにあった学習環境をご提供します。

習い事やスポーツなど、決まった時間や曜日に時間がなかなか取れないお子さんも、

  •  マンツーマンで、自習は開校時間ならいつでも可能。
  •  1回の授業で複数科目対応可能。
  •  映像授業も無料で視聴可能(中学生以上)
  •  日程も基本的に、先生と生徒で決定

と、自由度の高い個別教室のトライであれば、時間を有効活用して勉強ができますし、同時に、先取り学習も効率よく行うことができます。

また、マンツーマンでの授業は、「相性」が、非常に重要なポイントとなります。

個別教室のトライでは、お子さんそれぞれの性格などを考量したうえで、先生を決定します。
また、途中での交代もできますので安心です。

 

先取り学習なら、個別教室のトライ

 

教育改革に備え、先取り学習をマンツーマンで。

現在、個別教室のトライでは、「英語」「プログラミング」の授業対策として

  • プログラミング対策コース
  • 英語予習コース

が開設されています。

2020年教育改革で、今まで以上に、学力面以外でも差が顕著に表れます。

なんといっても、一番のおすすめが「先取り学習」。

お子さんに無理のないペースで取り組んでもらえるよう、早めのスタートを切ってみませんか?

メインページ:個別教室のトライ

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。