4月は中華風ごはん【お手軽小籠包】作り方

4月、桜の花が美しく咲く時期になりましたね。
お花見のシーズンではありますが、
今年は立ち止まらず遠目で愛でる、そんな楽しみ方になりそうです。

4月のテーマは「中華風」。
1週目は餃子の皮を使った簡単に作れる小籠包をご紹介します。

【お手軽小籠包】


調理時間:25分(ゼラチンを固める時間は除く)
分量:4人分(24個分)
エネルギー /39kcal(1個分)
塩分/ 0.2g(1個分)

材料

  • 鶏ガラスープ 200㏄(湯200㏄にガラスープの素小さじ1程度)
  • ゼラチン 5g
  • 豚ひき肉 150g
  • キャベツ 100g
  • ◆塩 小さじ1/5(1g)
  • ◆醤油 小さじ2
  • ◆オイスターソース 小さじ1
  • ◆おろし生姜 3g
  • 餃子の皮(大判) 24枚

作り方

(下準備)
・蒸し器を準備する。

1.鶏ガラスープにゼラチンを加えよく混ぜ、電子レンジ600W・2分加熱し溶かす。粗熱をとり、冷蔵庫で冷やし固める。固まったらゼラチンゼリーをフォークなどで崩す。

2.キャベツはみじん切りにし、塩ひとつまみ(分量外)を加え混ぜ、ラップをし電子レンジ600W・2分加熱する。粗熱をとり、水分を絞る。

3.ボウルにひき肉、2のキャベツ、◆を入れ粘りが出るまでよく混ぜる。1のゼラチンゼリーを加え、全体を混ぜ合わせてタネを作る。

4.餃子の皮で3のタネを包む。皮のまわりに水をつけ、中央にタネを置き、ひだを作りながら包む。

5.蒸気の上がった蒸し器にオーブンペーパーを敷き(または白菜やキャベツの葉でもOK)、4をのせ、約10分蒸す。

ワンポイント アドバイス

・餃子の皮でタネを包むときは量を控えめに。しっかりと口を閉じましょう。
・ゼラチンで固めたスープが、蒸されることで液体になり、ジューシーな小籠包になりますよ。

・・・

あつあつがおいしい小籠包。
いつもの餃子にゼラチンで固めたスープを加えるだけでも大変身しますので、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

次回は【春野菜のシーフード塩焼きそば】です。お楽しみに。

キッズ食育トレーナー・管理栄養士のcomakiでした。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。