食欲の秋。11月のレシピ【さつま芋ごはん】作り方

食欲の秋。

今月も、お箸がすすむレシピをご紹介していきます♪

 

お子さまがいらっしゃる家庭では、芋ほり体験があったり、

さつま芋をおうちに持って帰ってきたりしませんか?

さつま芋は土がついたまま貯蔵しておくと、糖度が上がり甘みが増します。

しばらく置いた後、ほっこり甘い『さつま芋ごはん』にしてみてはいかがでしょうか?

 

【さつま芋ごはん】

調理時間:5分(浸漬・炊飯時間は除く)
分量:4~5人分
エネルギー/381kcal(1人分)
塩分/1.4g(1人分)

材料

  • さつま芋 中1本(200g)
  • 米 3合
  • 塩 小さじ1・1/4
  • 酒 大さじ1
  • 黒ゴマ 適量

作り方

1.さつま芋はきれいに洗い、両端を切り落とし、皮ごと8㎜厚さの大きさに切る。一度水にさらす。
2.米は手早く洗い、3合の目盛まで水を加え、30分以上浸漬させる。
3.2に塩、酒、1のさつま芋を加え、通常モードで炊く。

4.器に盛り、黒ゴマをふる。

 

ワンポイント アドバイス

  • さつま芋は皮ごと炊き込むことで煮崩れにくく、色合いも鮮やかになります。
  • 塩を加えることで、さつま芋の甘みが引き立ちます。

・・・

自分で収穫したさつま芋が食卓に並ぶと、美味しさも嬉しさも倍増ですね。

キッズ食育トレーナー・管理栄養士comakiでした☆

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。