端午の節句・・・ってなにするの?

端午の節句というけれど、いったい何をしたらいいのだろう?って思ったことはないですか?

端午の節句といっても、最近では子供の日との言われているので、男の子色はだんだん薄らいでいっているのかもしれませんね。

我が家にも男子1名いますが、なんとなく5月5日に合わせて、こいのぼりと5月人形を買うのかな?くらいにしか認識をしていません(笑)

特に今年はゴールデンウイークが10連休。
母としては嬉しいような・・・憂鬱なような・・・

「こどもの日」は子供の人格を重んじ、子どもの幸せをはかると共に母に感謝するとの定義があるようですが、
母にとっては感謝されるどころかこき使われるイメージの方が強いですよね(笑)

 

別名 菖蒲の節句



端午の節句は別名 菖蒲の節句ともいわれているらしいです。
起源は奈良時代にさかのぼり、端午は5月の意味ではなく、午の日という意味で、5月に限った事では無かったようですが、午(ご)と五(ご)の音同じなので、5月5日になったともいわれています。

古来より5月5日は厄除け・魔除けが行われており、「菖蒲」の発音が「勝負」や「尚武」に通じることから、端午の節句に「鯉の吹流し」を立て、「武者人形」を飾り男の子の前途を祝うものとして徳川時代より認知が拡がっていったようです。

地方によっては、軒先に菖蒲をさしたり、枕の下に菖蒲の葉を敷いて寝るなどの習慣もあるようですが、一般的にはお風呂に入れて菖蒲湯にすることが多いのではないでしょうか?

なぜ兜をかざるの?



なんとなく「甲冑」や「兜」を飾ると怖いイメージがありませんか?

よく男の子が家で悪さをしてしまった時に、
ママに「そんなに悪いことしたらお侍さんちゃん見てて怒りに来るよ!」
なんていう、「脅し(笑)」の決まり文句に使っている家庭も多い気がしますが、
どうして「武者人形」や「兜」を飾るようになったのでしょう?

兜や甲冑は武家にとって、とても大事なものだったようです。
なので、端午の節句では鎧兜は子どもに災いがふりかからず、無事にたくましく成長して欲しいとの
願いを込めて飾られています。

しかし、お節句の時に飾る鎧兜は、戦いのときの鎧兜とは異なるようです。
お節句の時に飾る鎧兜は、儀式や式典の時の正装であり晴れ着として扱われるものだそうです。
(なんか 物騒な意味がなくて 少しだけ安心しました(笑))

日本人らしい 独特な感性と美意識の表現なのでしょうね。

実際にどんなものがおすすめなのでしょうか?



昔のように家もコンパクトでお部屋に余裕もない現在の住まいのスタイル。

大きくて存在感のあるものはちょっと・・・。

実家から大きなもの送られてきても困るし・・・。

そんなときのために、事前にチェックして、これならばいいな!というものを先に見つけておくのも
一つの手かもしれませんね!
(実際、私や友人もこの作戦で 自分の好みの商品を届けてもらいました(笑)

五月人形を選ぶなら、まずコチラを参考にしてみてはいかがでしょうか?

可愛い男の子のお祝い
準備は大変ですが、幸せいっぱいで嬉しいですね♡

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。